サスティナブルな活動

こんにちは。

今回は「卵殻」のお話しをさせていただきます。

エムテクス 壁塗装や壁紙に使用している卵殻の画像

 

「卵殻」には卵1個あたり約1万個ほどの気孔と呼ばれる無数の穴があります。

この気孔から酸素を取り入れヒヨコへと育っていきます。

「卵殻」の主成分はカルシウムで作られています。

本来は廃棄される「卵殻」ですが、日本エムテクスではそれらを再利用し、エッグウォール(壁紙)、天然スタイル土壁(塗り壁材)、エッグペイント(塗料、ペンキ)、エッグタイル(調湿タイル)などを開発し販売しています。

また、多くの方に「卵殻」のことを知っていただくために、バスマットやコースターなどの雑貨も販売しています。

「卵殻」の気孔は、水分の吸収を行うため、その吸水性を生かした製品づくりに生かしています。

日本は多くの資源を持っているわけではありません。天然素材、自然素材を製品化しているものも多くありますが、多くは山や土など地球資源から採掘しているわけです。

我々は本来廃棄されるはずの資源を有効活用し、サスティナブルな取り組みを行っています。

またその活動を数値化できるよう取り組んでいます。

子供たちに未来を!

今後の私たちの取り組みにご期待ください。

 

キユーピー様にも弊社の取り組みをレポートに取り上げて頂いています。

https://www.kewpie.com/sustainability/pdf/2010highlight.pdf

エムテクス キューピー取り組みイメージ画像

長期的な環境視点での「ものづくり」を進める企業
卵から暮らしを提案する卵雑貨のブランド
 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です