「JAPAN MADE」のこだわりとサスティナブルな取り組みについて 

こんにちは。
梅雨時期の晴れ間はいつもの快晴よりも貴重な感じがしますね。

さて、私たちは会社の取り組みとして、JAPAN MADE 「日本」にこだわっています。
日本は天然資源も豊富であり、海外から原料や製品を輸入して消費することも見直す時期にきているかもしれません。
特に最近はウッドショックとよばれる、外国から輸入する木材の不足が深刻であり、住宅などの着工時期や購買金額に大きく影響を与えています。

日本には元来、木材が豊富に存在するにも関わらず、効率とコストにより輸入に頼る商文化となり、ようやくその問題に気づかされた様に思います。
しかし、日本に豊富にある資源を限りなく消費することでは自然を守ることはできません。

弊社は「卵殻」などを原料として使用し、できるだけ資源を使わない取り組みを行っています。

また今後も、本来は利用価値の少ないものや、都市資源などを原料として上手に使用し、サスティナブルな取り組みを行っていきます。

身近なものから身近なものに!

今後の取り組みにご期待ください。

長期的な環境視点での「ものづくり」を進める企業
卵から暮らしを提案する卵雑貨のブランド