落書きされた壁紙をエッグペイントで復活させてみた!

こんにちは。

今回は落書きをしてしまった壁紙でも上からエッグペイントを施工して

復活できるのか会社の壁面を使って試してみました!

 

その時の様子をざっくりご紹介いたします。

まずは会社の壁(エッグウォールライト)にクレヨンで大胆に落書きを… (童心に帰れて楽しかったです!)

エッグペイント 壁に落書きをした画像

 

思う存分落書きをしたら・・・

施工準備を行います。まずは養生をしっかりと行います!

※養生は仕上がりを8割決めるといわれている作業です。

マスキングテープやマスカーを使って淵などまっすぐに施工できるよう慎重に行ってください。

 

その後、汚れが経年変化で浮き出てきてしまうのを防ぐため「アク止めシーラー」を全体に施工しました!

1~2時間ほど置いて手につかないくらい乾いたらいよいよエッグペイントでの塗装作業に入ります。

まずは刷毛で外枠やコンセント周りなど細かい部分を施工します。

ある程度塗り終えたらローラーで全体を施工していきます。

 

今回エッグペイントのホワイトを使用したのですが、動画でもわかるように1回目の塗装でクレヨンの落書きがだいぶ見えなくなりました。

ですが、下の画像でもわかるようにまだうっすら落書きが見えてしまっています。

近くで見るとこんな感じ…

 

これでは完璧な仕上がりとは言えません。

また1~2時間ほど乾かした後に2回目を施工しました。

こちらが2回塗り施工を終えた後の壁面になります。

すっかり落書きが見えなくなりましたね!

 

また、2回塗りした方がローラーの模様が安定し仕上がりがきれいになります。

さらに調湿効果・脱臭効果もアップするので、今回のように下地に汚れがなくても2回塗り施工を推奨しております。

 

あれだけ派手な落書きでもあっという間に消えてしまうので、

壁が汚れてしまった時はもちろん、記念日等に家族やお友達と一緒に壁に思いっきり落書きをしてから

エッグペイントできれいにするのも思い出ができたり、愛着が湧いていいかもしれませんね!

 

ゴールデンウィーク中なかなか外に出ることが難しいかと思います。

おうちの中でこういった思い出づくりはいかがですか?

 

今回はざっくり紹介させていただきましたが、詳しい施工方法の記事も上がっているので

ぜひそちらもご覧ください!

かんたん!エッグペイントDIY

 

今回使用した商品はこちら

【4月17日~25日まで10%割引セール開催中!】

エッグペイント4㎏缶+アク止めシーラー1L+DIYキット

《約10㎡施工用》DIYコンプリートキットの画像 日本エムテクス 東京卵日和

長期的な環境視点での「ものづくり」を進める企業
卵から暮らしを提案する卵雑貨のブランド